等級な生活

二人とも障害者手帳の等級が3級になってしまったので、とんでもないことだから今度不服申立てをすることにしました。
埼玉県に対して等級の見直しをする不服申立てをすることにしました 。店長に問い合わせをしてよくわかったのですが、それは医者が変わったから医者の診断書の内容が大きく変わったからということでした。それで私の医者の方は何とか私に対して理解の羹と思っていたのに、結局私の仕事私のことを選択理解してなかった言葉わかり、本当に私は医者を変えようと思っています。 アリは本当に医者に私のことをきちんと説明して、どんなに私が大変な状態にあるか、どんなに境界性人格障害と双極性障害と多重人格と不眠症が重い顔、出席を訴えようと思っています。
またお嫁さんの方の医者はもっと話しにならないらしくて、診断書の内容が全くお医者さんの現状と間違えました、お嫁さんの病状と全く合っていないということがわかりました。日常生活で二人とも本当に大変なことを強いられているのに、二人ともお医者さんが全く私の仕事をきちんと診断書に書いてくれていなかったので、本当にショックを受けました。